合コンで使える!好みの男性を落とすための恋愛テクニック11選

合コンでの出会いはまさに一期一会です。出会いを求める合コンという場だからこそ、そこである程度の結果は出しておきたいものです。その場で意気投合してお付き合いに発展するのが理想的ではありますが、さすがにそこまで持って行くことのできる方は少ないでしょう。ただ、せめて好みの男性を落とすくらいのことはしておきたいものです。ここでは、合コンで使える好みの男性を落とすための恋愛テクニックをご紹介していきたいと思います。

男性受けを狙った服装を意識する

好みの男性を落とすためにまず意識しておきたいのが服装です。もちろん、事前に相手の好みがわかっているのであればそれが理想ですが、基本的に合コンでは初対面になりますので、そういった部分の情報を入手するのは難しいでしょう。そうなってくると、ひとまずは男性受けを狙った服装を意識しておくのが無難です。

ただ、男性受けを狙った服装といっても露出が多ければいいというわけではありません。露出が多いと逆に下品に見られてしまいますし、服装だけで引かれてしまうかもしれません。女性らしい清楚な服装を意識するようにしましょう。一般的に男性は白のワンピースを好む傾向にありますが、

です。当たり前のことなのですが、相手に「女性である」ということを意識させることが重要になってくるのです。

5秒以上目を合わせる

好みの男性を目の前にすると、目を合わせるのも恥ずかしいという女性もいるかもしれません。しかしながら、好みの男性を落とすためには5秒以上目を合わせるようにしましょう。ただ、このときに気合いを入れるあまり、睨んでしまってはいけません。あくまでも優しく見つめるのです。

男性の目をよく見るというのは一般的なモテテクニックとしても知られていますし、実際にモテる女性はよくこのテクニックを使っているものです。男性というのは女性が思っている以上に単純なので、ちょっとしたことで「俺のこと好きなのかな?」「俺に気がある?」と思ってしまうものなのです。5秒以上目を合わせられると、男性は自分に気があるのではないかと思わずにはいられないでしょう。

笑顔を向ける

女性の笑顔というのは、最強の武器になります。そもそも人の笑顔を嫌う人はいません。無表情のときと笑顔のときであれば、圧倒的に笑顔でいるときのほうが好意を抱かれるものです。常にニコニコしているのも魅力的ではありますが、好みの男性を落とすのであれば好みの男性だけに特別な笑顔を向けるように意識してみましょう。他の男性には口角をきゅっと上げる程度の笑顔を見せ、好みの男性にだけ歯を見せて笑うというのもいいのではないでしょうか。

近い距離でとびきりの笑顔を見せれば、それだけで男性はイチコロです。男性が女性を好きになるきっかけというのは、その女性の笑顔であることも多いのです。笑顔に自信のない女性は、日頃から鏡を見ながら魅力的な笑顔というものを研究してみてもいいのではないでしょうか。

脈ありな感じを出す

好みの男性を落とすためには、その男性にだけ脈ありな感じを出していきましょう。ここで注意しておきたいのが、くれぐれも女性のほうからガツガツしないということです。女性が自分にガツガツとアピールしてくれる状況というのは男性にとってもいいものなのですが、そうなってくると男性のほうから追いかけようという気持ちがなくなってしまいます。もともと狩猟本能を持っている男性は、やはり追われるよりも追いかけたいものなのです。

男性のことを積極的に褒めて「モテそうですね」「付き合ったら楽しそうですね」といった脈のありそうな感じを出していきましょう。脈はありそうだけど、肝心なところを言ってくれないという状況が男性の狩猟本能に火をつけて、男性のほうから追いかけてくれるようになるのです。

姿勢や言葉遣いに気を付ける

合コンというのは基本的に初対面で仲を深めていくものです。初対面で大事になってくるのが印象です。先でもお話しした服装も印象を左右するのですが、服装以外の姿勢や言葉遣いといったところもその女性の印象を大きく左右します。せっかく可愛らしい服装をしていても姿勢が悪ければ可愛く見えないですし、スタイルも悪く見えてしまいます。言葉遣いも同じです。可愛らしい服装なのに言葉遣いが悪いのでは、大幅なイメージダウンになります。

バレリーナのようなビシっとした姿勢を決める必要はありませんが、普通に背筋を伸ばす、足を開かないといった当たり前のことを実践していきたいものです。言葉遣いも初対面の相手に対して、失礼のないものを最低限と考えておきましょう。

さりげないボディータッチをする

さりげないボディータッチというのも定番のモテテクニックなのですが、合コンの際には特に、足でのボディータッチを意識するといいでしょう。というのも、男性を呼ぶときに肩を軽く叩くといったことなら大丈夫ですが、腕や太ももに手を添えるといった形でのボディータッチとなってくると「いかにも」な感じになってしまいます。男性によっては水商売系の女性を思い浮かべてしまうかもしれません。

好みの男性を落とすためのボディータッチであれば、足です。足を足でつつくというのが意外に効果的なのです。通常、足というのは机やテーブルの下にありますので、見えない部分です。外の合コンメンバーには見えないところで、ボディータッチというのが男性のドキドキ感を高めてくれるのです。ただ、いきなり足を絡ませると驚かせてしまうかもしれませんので、偶然足を当ててしまった風に装ってつついていくといいでしょう。

ちょっとしたお願いをする

好みの男性には、合コンの最中にちょっとしたお願いをしておきましょう。基本的に男性は女性から頼られたいものですし、女性にとって頼りになる存在でありたいと思っているものです。お願いの内容は何でもOKです。例えば、女性がお手洗いに行くときに「私のドリンクも一緒に注文しておいてくれる?」といった感じでのお願いでもいいのです。

合コンですから、基本的にその場には複数人いるわけです。その中から自分が選ばれたということで、男性は「もしかして特別な存在なのかも」と思うようになります。誰に言っても同じお願いなのに、あえて好みの男性にお願いをするというのがテクニックなのです。

相手の真似をする

相手の真似をするというのも、立派なテクニックです。テレビでも紹介されているテクニックですので、好みの男性を落とすのであれば好みの男性を真似してみるようにしましょう。男性が唐揚げを食べているなら同じく唐揚げを食べる、飲み物を飲んでいるなら同じく飲み物を飲む・・・こういった単純な真似でOKです。

ただ、相手が何をするのか凝視した上で真似するとなると相手の男性から引かれてしまう可能性があります。さりげなく何をしているのか確認をして、その真似をするようにしましょう。心理学においてはミラー効果と呼ばれるもので、自分と同じ行動をとっている人に対しては好感を抱きやすいのです。

秘密の話をしてみる

合コンというのは基本的にみんなでワイワイとやるものですが、時間が経てば経つほどその中でグループやペアのようなものができてきます。好みの男性とふたりで話せるタイミングを見つけたらそれがチャンスです。そのときに、秘密の話をしてみましょう。何も本当の秘密話をする必要はありません。秘密でも何でもないことをさも秘密であるかのように話すという形でもOKです。

「ここだけの話なんだけど、私、お酒あんまり得意じゃないの」といった内容で十分です。人に関する情報よりは自分自身のことをネタにしたほうがいいでしょう。その内容が何であれ、ふたりだけの秘密を持つということに意味があるのです。これは恋愛に限らず、ビジネスでもよく使われるテクニックです。営業マンの方がお客さんから好感を引き出すためによく使っています。

隙を作る

好みの男性を落とすためには、隙を作っておくことも必要です。よく「モテる女性は隙がある」と言われますが、本当にその通りなのです。美人なのにモテない、可愛いのにモテないといった女性の多くが隙を作っていないのです。仕事ができる女性や完璧主義の女性にとっては、そもそも「隙を作るって何?」という感じかもしれません。これは言いかえれば、柔らかい雰囲気を出すことです。

やはりバリバリのキャリアウーマンタイプの女性よりは、流行りのゆるふわタイプの女性のほうがモテます。柔らかい雰囲気で隙を作っているからです。いわゆる「できる女性」であればあるほど恥ずかしいかもしれませんが、自分のちょっとダメなところを見せるようにするといいかもしれません。分厚い鉄壁を目の前にすると構えてしまいますが、暖簾であればなんとなく軽い気持ちでくぐってしまうものです。男心も同じようなものなのです。

共通点を見つける

好みの男性との共通点を見つけるというのもひとつのテクニックです。合コンでは自己紹介もあるでしょうから、そういうときに好きな音楽や好きな食べ物の話になるかもしれません。そういった身近な話題でいいので、共通点を見つけておきましょう。共通点があると、それだけで盛り上がります。

ただ、共通点をたくさん見つけたいからといって相手の言っていることにいちいち「私も!」と言っていると、逆に怪しまれてしまいます。怪しまれると男性は警戒心を高めてしまいますので、あくまでも共通点はひとつふたつでOKです。その共通点から話が発展するものですし、うまくいけば流れで当たり前のように次に会うときの話になるかもしれません。共通点を見つけて、好みの男性をしっかりと落としていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA