暇なおひとりさま女子が「癒しの休日」を満喫できる3の方法

おひとりさまだからこそ暇ということもあるでしょう。ただ、暇だからといってダラダラ過ごしていたのではせっかくの休日ももったいないものです。ここでは、暇なおひとりさまが休日を「癒しの休日」として満喫できるような方法をご紹介していきたいと思います。

1|映画をみる

ひとつは定番ですが、映画をみるという方法です。映画館に行ってもいいですし、自宅で映画を楽しむのもいいでしょう。最近では映画館にもカップルシートなるものができているようですが、映画館には意外におひとりさま女子も多いのです。おひとりさま女子だからといって人の目を気にすることなく楽しむことができるでしょう。
もし、いい映画がやっていないという場合には自宅で映画を楽しむのもおすすめです。普通に見るのではなく、部屋を暗くして好きなものを食べたり飲んだりしながら自分だけの映画館を楽しみましょう。基本的に映画は好きなものでいいと思いますが、癒しを求めるのであればやはりジブリなどがいいかもしれません。

2|お風呂にゆっくり入る

最近はシャワーで済ませてしまうという方も多いので、休日にこそゆっくりとお風呂に入っておくといいでしょう。近くに銭湯や温泉があるならそういったところに行ってもいいでしょうし、自宅でゆっくりお風呂に入るのもいいでしょう。
自宅でゆっくりお風呂に入る場合には、アロマオイルを垂らしてみたり、泡風呂を楽しんでみたりしてもいいでしょう。好きな音楽を流しておいてもいいかもしれません。ゆっくりとお風呂に入ると、体の疲れも取れますし、心まですっきりします。

3|エステに行く

エステというのは、女性にとって究極の癒しかもしれません。気持ちがいい上に綺麗になれるのですから、本当にご褒美です。それにエステはひとりで行く方が多いので、おひとりさま女子でも安心です。
もしエステなどに行き慣れていないという場合には、カイロプラクティックや整体院などでもいいかもしれません。最近では痛くない施術をしてくれるところも多いですし、こちらもエステと同じようにお一人様でも何の違和感もありません。気持ちいいので心までほぐれますし、体のメンテナンスというのは現実的にも必要なことですので一石二鳥です。

The following two tabs change content below.
妖精社
子どもの頃から心理カウンセラーになりたくて、大学では心理学を専攻していました。卒業後も働きながら勉強を続けて、念願叶って今は心理カウンセラーに。気付いたら物書きにもなっちゃって、趣味に仕事にと忙しい毎日です。

ABOUTこの記事をかいた人

妖精社

子どもの頃から心理カウンセラーになりたくて、大学では心理学を専攻していました。卒業後も働きながら勉強を続けて、念願叶って今は心理カウンセラーに。気付いたら物書きにもなっちゃって、趣味に仕事にと忙しい毎日です。